ご意見ご要望

ホームページの役割

一昔前、個人と企業を繋ぐ手段は何があったでしょうか。
企業に対する要望や意見を届けるには、個人ができることは電話やハガキなどの手段が一般的だったでしょう。
例えば菓子類などの多くの製品には、企業名と住所、電話番号などが記されています。
現代でもどの会社にもお客様問い合わせセンターなどは存在しているため、個人が企業に訴えたいことがあるときにはそこへ問い合わせすることもできます。

しかし、世の中には言いたいことをすぐ口に出せる人しかいないわけではありません。
その製品に対して要望や不満はあるものの、電話をする事やハガキをわざわざ送るのは手間だと考える消費者も少なくないでしょう。
自社製品について消費者の声が欲しいと思っている企業がいたとしても、消費者の希望や要望が集まらないという事態が想定されます。

世の中にはありとあらゆる製品が存在していますが、その製品は消費者の意見要望を参考にして改善されたり進化させたりできるでしょう。
そのような意見要望は、多く集まれば集まるだけ企業にとっても有益な情報となります。
そして、消費者からの意見要望を集めるためにとても役立つものの一つが、企業が公開するホームページなのです。

ホームページ制作の意義はその企業ごとによって様々ですが、商品の製造や販売を主な業務内容としている企業には、お客様からの問い合わせを受け付けるためのメッセージ機能が備わっている事が多いのではないでしょうか。
電話やハガキが面倒でも、ホームページ上に一言受け付けてくれるメッセージ機能が備わっていれば、一度送ってみようかという気持ちになる人も増えるでしょう。
ホームページは企業からの発信だけでなく、消費者からの意見を集めるためにも有効なのです。