相手の立場に立つ

ホームページの役割

一人一つは必ず持っていると言っても過言ではない製品の一つに、パソコンやスマートフォンがあります。
パソコンが手元にある人であれば、インターネットに接続している人がほとんどでしょう。
インターネットをする目的でパソコンを買ったという人や、パソコンがなくてもスマートフォンで毎日インターネットを見ている人もいるはずです。

かつて三種の神器と言われた家電製品は、もはや家に数台ある事が当たり前です。
今の時代はパソコンやスマートフォンが最も便利なものとなっていますが、目には見えないインターネットの世界もまた現代人には欠かせない存在でしょう。

インターネットをやっている人は、普段どんなことをしているでしょうか。
スマートフォンを使ってオンラインゲームを楽しんだり、インターネットで誰かと繋がる事によって交流や趣味の範囲を広げたりする事もできます。
または個人と企業の関係で見れば、消費者が自分の生活や様々な欲求を満たすために企業のホームページを閲覧することもあるでしょう。

では、消費者が閲覧したい企業のホームページとはどういった物でしょうか。
綺麗なウェブデザインである事は閲覧のために当たり前の大前提です。
細かい商品説明や目を引きやすい見出しなど、テキストへの工夫も必要となるでしょう。
制作会社との連携もまた欠かせない要素となります。

せっかく作ってみたはいいものの、全く閲覧者が増えないホームページもネット上には数多く存在しています。
ホームページ制作をしたからには制作目的を達成させたいはずですが、企業の目論見と消費者の希望が必ずしも合致するとは限りません。
企業は常に消費者の目線に立たなければならないのです。